電子タバコのメリットとデメリット

電子タバコのメリットとは?

近年、日本でも普及しつつある電子タバコですが、そのメリットとは一体何なのでしょうか?ここで、いくつかご紹介したいと思います。
1つ目のメリットは商品によっては健康被害が少ないという事です。電子タバコには水に香料を付けただけのニコチンが含まれない物もあります。水を霧状にして吸引するだけなので、紙タバコに比べ遥かに健康的と言えるでしょう。
2つ目のメリットは紙タバコよりも安上がりという事です。電子タバコは充電すれば繰り返し使用が可能で、3000円前後の液体式の物であれば紙タバコの1000本分の使用量に相当するとも言われています。
3つ目のメリットはフレーバーが豊富で手軽に手に入るという事です。紙タバコに比べ安い分、様々なフレーバーを気軽に試す事ができるし、そのお陰で飽きがこないのも魅力でしょう。
4つ目のメリットはタバコへのマイナスイメージを払拭できるという事です。電子タバコは煙が少ない物もあり、火を使わないので火傷や火事の心配も少ないです。また、ポイ捨ての問題も無くなるので、街の景観維持にも貢献していると言えるでしょう。
5つ目のメリットは禁煙効果があるという事です。実際、電子タバコを禁煙グッズとして使用している人も多いです。以上が電子タバコのメリットになります。

電子タバコのデメリットとは?

電子タバコは紙タバコに比べメリットが多い様に感じるかもしれませんが、やはり少なからずデメリットも存在します。そこで、いくつか電子タバコのデメリットについてご紹介したいと思います。
1つ目のデメリットは健康被害が全くない訳ではない、という事です。いくら電子タバコが紙タバコよりも健康的だと言われていても、タバコを吸わない方が安全だと断言できるでしょう。実は、電子タバコの安全性については詳しく解明されておらず、海外製の粗悪な商品になると有害物質が含まれている場合もある様です。
2つ目のデメリットは物足りなさを感じる場合があるという事です。特に長年紙タバコを愛用している人やヘビースモーカーにとって、電子タバコの吸い心地は微妙に感じると共に、慣れるまでに時間が掛かるかもしれません。
3つ目のデメリットは充電やクリーニングの手間があるという事です。電子タバコは充電をする事で使用が可能になるので、当然ですが充電が切れたり充電中は吸えません。なので、ヘビースモーカーの人は電子タバコの複数持ちが基本になるかと思います。また、定期的なクリーニングが必要になるので、そういう手間を面倒に感じてしまう人には電子タバコは合わないかもしれません。
以上が電子タバコのデメリットになります。